2005年03月

メッセージボード

3月末猫と庭会

・・見て、つぼみ!今年は白木蓮が初めて咲いてくれそう♪

611eb044.jpg

おい、それは、つぼみかい、しっぽかい?

e2747721.jpg

水仙の花も咲きだし、、奥のほうには黒いハナが?

3b03849d.jpg

レンテンローズ、クリスマスローズって言われてますニャ。
夏のあいだ木陰に植え替え秋になってから日向に移しました。
そのせいか、四方八方に伸び伸びしちゃってまぁ、、花つきの良い事。
ちょっと野生的すぎるくらい。クリスマスローズのロマンチックなイメージはないぞ?
お外の子だからね。温室育ちとは違うのだ。
c73e53e1.jpg

花は清楚よ笑い

ではでは、明日は箱根に行ってきまーす。お誕生日祝いなのデス。4月1日に言うと嘘だと思われちゃう。経験済み。
イタリアンなお宿でイタリアンな食事と♪くろ猫ちゃん設営ありがと~☆
それから、神社へお参り行きますぞ。
お正月に寝込んでしまってちゃんと初詣に行ってないので、誕生日でほんとに年明けの初詣。
富士山近くには年に一度はなぜか行ってしまう、、富士山、会えるかな。桜はまだかもしれないけど、箱根神社でコノハナ姫に挨拶してこよう。
ラピちゃん、ミケを大事にしてお留守番、よろしくね♪
では、皆さまも良き春の4月へ(^o^)/

ミケにお願い

ここのとこ、すっかりblogタイトルからはずれてましたね。
 ミケちゃんは、時々不調がぶりかえしこのところも食欲不振であまり外に出ないこともあったのですが。
金曜土曜にはみけくろが、一泊の旅へ出かけてしまうので元気になってくれないと心配。ちょっと、いやかなり身勝手な理由でありながら、恩返しと思って元気になりなさい、と繰り返し言い聞かせました。
 聞いてくれて、少しずつまた食欲が戻りつつあります(^^)
しかし、食欲不振になるたびに食べるものが贅沢になっていくような・・お猫のミケさまのほうが、人間のみけよりイイもの食べてるような、、(^^;
 いいんだ、とにかく元気になってくれ。 わたしに恩返ししなさいヨ。
bc16a53f.jpg

ミケ、ブラッシングされて良い気持ち。

空の色の絵 追記2

[追記2として上に入れます]
 この絵に関して、復活祭関連からキリスト教のお花の意味が含まれていた事を思いだしました。(忘れていたと言うのか(^^;)
SKYBLUEの画像のなかには、百合の形(輪郭)を描いて入れてあります。「野の百合」への敬意をこめているのです。

第5チャクラ対応の薄いブルーの色はオーラソーマでは、サファイヤブルー (スカイブルー)にあたります。
その意味に、ブルーは世界の多くのイデオロギーや宗教に結びついてて、
聖地やキリストにかかわる「ソロモンの雅歌」、「シャロンの薔薇」、そして特に「野の百合」の知恵に結びつくとあります。
あらゆる意味で自分が何者であるかの表現とは「野の百合を見よ、彼らは紡がず、何を求めることもない。あなた方は彼らより大いなる者ではないのか?」

野の百合こそ高いレベルのコミュニケーションであり、自己表現であること、
わたしは絵のなかにその意味を入れたかったのです。

でも、ほとんど百合の形は見えないほどのうっすらとで、他のものに重ねあわせてあるので、良く見てもたぶんわからないと思います。イメージ的に中心からの広がりをが野の百合とも感じていますが。
 絵から目ではっきりと見ることができなくても、絵のなかにあるものは、無いわけでなく見えない部分で伝わると思っております。わたしの、祈り、のようなものかもしれません。
自己満足と言ってくださっても良し、(^^)

*.・☆。・: ところで「野の百合」というのは、アネモネの事だそうです。だから意味的には百合の形では、間違っちゃってるわけですが、わたしにとっては祈りをこめた気持ちが
形ではなくてあるわけなので、このままいいかと思います。(^^)
キリスト教の百合というとわたしは、やはりマドンナリリーを思い浮かべます。
 聖母の受胎告知の場面にかかせない白い百合の姿も。
子供の頃、母が白い百合、好きでしたね。。

空の色の絵

カラーヒーリングあっぷするぞ~
TOP画像も変えるぞと。ただいま、がんばっております。
d01122f5.jpg


☆追記
チャクラNO.5対応画像 アップ完了しました(^^)V
 今日は、復活祭前の聖金曜日。キリストが十字架にかかった日でした?
TOPの画像をつくっている時に、復活祭前にアップしたいなとは思ってたんだけど、金曜だという事はゼーンゼン意識になかった。(さっき微抹香blog=ブルさんの読むまで。^^;)
だけど、今日、途中で偶然つかってみた技法から十字架型が創れて、いい感じ、よし使っちゃえと、十字架型の入った画像になったんです、、むむむ、ぴったりだったんだ。。
更新履歴に最近TOP画像の名称をつけて入れるようになったんですが、という訳で『聖金曜のSkyBlue』にしました。(^^)

ジョン・レノン・ミュージアム

3月20日は、春分の日 そしてジョン・レノンとオノ・ヨーコの結婚記念日
John Lennon Museumに相方猫のくろと一緒に出かけてみました。

一度は行かねばと思っていたけれどなかなか行かなかった場所、今回、初めて足を運んだのは、3連休中たまたま結婚記念日であるのを知ったから、記念日にカップルで行くとお得なイヴェントがあるのを知ったから(笑)
そしてIMAGINEのメッセージが少し気になったから。。

子供の頃、8歳上の兄の部屋にはビートルスのLPが何枚もあって、ビートルズのポスターと横尾忠則のポスターが並んではってありました。曲もなんとはなしに、繰り返し耳にしていたはず。
 でも、子供だったせいか、何も思わず通りすぎてきました。
オノヨーコの登場と存在は、母や兄たちに評判が悪いらしいのは感じました。
ジョン・レノンが凶弾に倒れたニュースはリアルタイムで聞いたのだけれど、かすかな記憶としてしか残っていません。

そんな、ファンには程遠い訳なので、ミュージアムに入る前はどんな展示内容なのだろうか、強く期待するという風ではなく、反戦のメッセージに真っ向から包まれるのではと、少し怖れていたかもしれません。
または、もしや商業化されたジョンのイメージに鼻白むかもとか。

8855cc21.jpg

入り口の前に立つパネル。一緒にお写真をドウゾ


でも、二人の愛、家族の愛への思いに、ミュージアムは包まれていました。

年代順に続く展示室のなかで、わたしが一番好きだと思った部屋は、ヨーコとジョンの間にショーンが生まれてジョンが主夫になった頃の部屋。
真っ白だけどあたたかな光に包まれた部屋、
家族の写真や、ジョンの描いた優しくてユーモアのあるイラスト
『モナヨーコ』(モナリザ型のヨーコ)のシルクスクリーン作品が展示されています。
 ほんとうに幸せそうな、ヨーコとジョンの、そして家族の、愛し愛されるひととき。
 こんな愛に包まれた家族を戦争や殺人は壊してしまうのだし、、
人間が愛し合えば戦争なんてしたくないよね、する人なんていないよね
これが一番の反戦の姿、そんな風に感じられる部屋でした。

愛だよね、、平和は。。

そして最後に、天国のような透明な光の部屋に出ました。
ジョンからのメッセージがたくさんたくさん宙にあって
ゆっくりと座って居たい素敵な部屋。

そう、途中の部屋にあったジョンの言葉に
空に書く、、というのがあったっけね
僕たちは紙に書くのではない 空に書くのだ  
空に住んでいる というような感じの。
 とてもひかれて、その気持ちわかった!共感!と思ったのだけど
言葉そのものは、通り過ぎたらさっさと忘れてしまいました、、。(^^;
でも、理屈でなくて心に伝わって印象が残ってるのがわかってるので、まっ、いいか。ジョン、もらったヨ、ありがとうね。

部屋ごとに光と印象が変わっていく流れと
物を並べるだけでなく愛をたくさん感じられる造りかたは
アーティストであるオノ・ヨーコが、ジョンへの愛をこめた
ミュージアムである事を、あらためて感じさせてくれました。
 ジョン、幸せだったね、オノ・ヨーコ幸せだね、と思いましたよ。

WAR IS OVER! if you want it

imagine・・・You may say i'm a dreamer
But I'm not the only one

見終えて、いつものメッセージが深くゆっくりと穏やかに入ってくるのでした。
c928838b.jpg


*************
ちなみに、記念日にカップルで来場のプレゼントの一つが
『ミュージアム ショップでは、ご夫婦・カップルで入場されたお客様にショップで販売しているオリジナルグリーティングカードを差し上げます。この特別な記念日にお二人の来館記念として、お互いに想いを込めてメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。
当日に限り特設ポストをショップ内にご用意しておりますので、ご投函頂きましたらこちらで切手を付けて郵送致します。もちろん、その場でカードを交換されても結構です。』
 しっかりやってきました。
相方は何を書いたのだろう、、到着したら同時に開ける約束。
ヨーコさん、自分たちの結婚の幸せをシェアする企画、すてきです。ありがとう(^^) 続きを読む

異国の少女への手紙

今日は、久ーしぶりに手書きの手紙を書き上げて投函してきました。e07942e9.jpg

 CCWAでサポートを担当させてもらっているフィリピンの女の子に宛たものです。
しばらく前に届いていた、彼女からの手紙と年に一度の成長記録について、やっと返事を書けたのです。

今まで辞書を片手に英文レターをでっちあげてきましたが、今日が明日になりがちで、とほほなわたし(^^;;
毎度、なかなか投函までにいかないので、今回は素直に翻訳してもらうシステムに甘えて、日本語で書く事にしました。
それでもどう書いたらいいか、頭のなかで消したり書いたりしばらく考えて結局、決まり文句に近い簡素なものに。

以前に海外のペンフレンドを何人かもった事もありその時は、自分の身の回り、日本の事など文が間違おうとヘタなりにあれやこれやと書いていたけれど、、
どうも、担当の少女の事を考えると、何を書こうか臆してしまうところがあります。

フィリピンの田舎の方の地域では、紹介のために本人の写真一枚撮るために、地域にもカメラがなくて学校の先生などに支援のカメラがいき、それで写真をやっと撮る事ができる場合がある、カメラも写真も貴重であるのだ、なんていう事を知ったときは、そんな状況を想像すらできなかった事にはっとしました。
常に写真や画像の情報が溢れ、子供でもカメラ付き携帯を持っている事が珍しくない国、日本に住んでいる自分。

水道のない地域もあり、子供たちが水くみなど家事を手伝っている事。
そのうえ担当の少女は支援を受けるようになる少し前に、お母さんを病気でなくしたばかりで、家の事と下の弟たちの世話をしながら学校に通っているそうです。
 それでも勉強は好きでわりと頑張っているらしいとか、最近マラリアに罹ったとか、成長記録から読みとれます。

なんだか、日本の(自分の)この日常など書く気になれないではありませんか。。?

日々、家の事などで忙しいだろう彼女に手紙を書くことは、返事を書くねばならなくなる事は、めんどうな事ではないかしら?と思ったりもするのです。

でも、彼女からダンスが好きだとか、クリスマスには教会で歌を唄うのが楽しいとか、花が咲いている事など手紙に書いてくれた事があって、楽しみ喜びを、日々見つけているんだろうなと思えたりします。
会報で支援を受けている子供達の情報を見ると、自分たちの国は、自然が豊かでとてもきれいな国だ、ぜひ自分の国を里親に見てもらいたい!、などという言葉が、笑顔いっぱいの写真とともにあったりするんですよ。ちょっとマブシイ、、
  物質的豊かさに満ちた環境のなかの日本の子供(大人もだが)の事を考てたりしますね。

始める前は、折りにふれ手紙をやりとりして交流を深められたらなんて意気込んでたのですが、今はそれはこちらへのオマケみたいなもので、ただ小さな支援ができるという気持ちだけでいいのかなと思ったりします。

4b028b7c.jpg
 上に書いたような事を少しだけでも知る事考える事ができるし、それから、担当させてもらっている少女がどこか同じ空の下にいると思える事で、何かほのぼのと嬉しい気持ちも味わえるのですから。

それでも今まで少しだけれど日本の季節の事や、雛まつりなど書き送りました。写真や絵葉書などを同封して彼女が少し日本を楽しんでくれたらなと。今日も、日本語の手書き文字に興味をもってくれるかもなんて、ワクワク、欲ばって思ったり。やっぱり自分がとても楽しんでいるのですね。(^^)

(CCWAは、こちらから。La LuceのTOPにもリンクが貼ってあります。CCWA(チャイルド・ファンド・ジャパン)と精神里親の仕組みについて興味もって頂けたら幸いです。)

花でも猫でもなく

と、何でもありにしてしまうのか、このblog!?

昨日今日と、ちょっと遊んでみたお絵描きの事。
少しまえにLaLuceのTOP壁紙につかったスカイブルーの画像があるが
これは今まで使った事のなかった種類の'筆’にチャレンジしてみたり
その成果など、わたし本人はけっこう気に入っている。

その画像をベースに使って遊んでいた。

まずTOPのスカイブルーの画自体が、カラーヒーリングの第五チャクラカラーの作品を
考えているうちに生まれたもので、
そう!ただいま、第五チャクラカラーの絵を製作中。
 その横でまた違う技法を試して遊んでみたのだが、これが楽しい。。

Painterで、クローンソース画像を何枚もつくりそれを絵の具がわりにするわけです。
 と言ってもPainterユーザー以外、これではわからないですな(^^;
元になる画像を少しずつズラした別の画像を何枚もつくっておいて、その画像の好きな部分部分を一枚の画像の上に部分部分こすりだすようにしてイメージした作品にするの、、
うーん、わかりにくい。説明するのは、やめて置いておきましょう(^^;;

はい、元になったTOP画像のメイン部分がこれ

364ffa44.jpg


これをずらしてつくった画像を重ねて、以下を制作したわけです。色も変えました。
女性の顔が浮かびあがって見えますか?ちょっと神秘的でしょうか。
水晶玉をもって、第五チャクラをイメージした時に浮かんだひと。全身もありますから
また描いてみたい。
ca5f177d.jpg


うむむ、完成図を見ると、レイヤーコピペと変わらないかもしれないな。。?
でもね、製作中が快感。画像を絵の具にしていく感覚がレイヤーより楽で感覚的なまま描けて楽しい。
重ねていく絵の具画像によっても、面白いものができるんじゃないかな、と思ってみる

バージョンアップされたPainter9も、近日、手にいれて新しい筆などのお試しをやってみたいな。。

ミモザの日Festa della donna

Festa della donna =イタリアの女性の日なんですが、

で、古い絵日記から「Festa della donna 」のミモザの女神のページをばリンクしておきますね。
0858ce3d.jpg
http://laluce.art.coocan.jp/Diary/diary0203/020308.html
女性の日の意味などもこちらに詳しく書いてありますよ。(手抜きだ)

最近、散歩をしているとミモザを植えた家を、よく見かけるようになりました。たいていオリーブも一緒に植えてある。ははん、見え見えダ、とニヤリ。
かく言うわたしも、実はたびたび植える事を考えてみてるんです(^^;; お仲間です。
でもねえ、ミモザを植える場所を庭に考えてみるに、ちょうどいい場所がないと思えて。(涙)
ミモザの木がこんなにあちこち根付いていったら、ミモザの花を贈る習慣も日本に根づくことがあるのだろうか?。。いや無理っぽいな。

ミモザの写真がないな~
画像がないと寂しいので、ラピスが木の枝になって一本生えているような(?)一枚。
この枝は、ミモザっぽい色だとこじつけて。
天気よいといいです(^^)

b4254141.jpg

冬のシーサ

シーサも驚いてる?


60fa6478.jpg


今年は春らしい日の後に毎度雪になっていますね。

桃とお猫さま

今日はおひな祭り 桃の節句
三毛も一応オンナノコ。桃の花でお祝いしましょ

44e2455d.jpg

42ac181a.jpg

でも、、あんまり柄じゃないし。
   
72fa8a68.jpg

サヨナラっ。

af791b7e.jpg

ふっ、。。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今年は過ぎゆく。来年、どうぞ良いお年を!
  • 90歳おめでとう
  • 2015年 未年
  • 2015年 未年
  • 新作「INDIGO」
  • 新作「INDIGO」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ