2005年05月

メッセージボード

5月なかばの花と猫

f3707c13.jpg

 数年前に、母の日に鉢植えで贈ったクレマチス。庭に下ろし、奥のほうでほとんど放ってあるようだけどいつのまにか大きくなっている。
 下に、、ラピスのしっぽも大きくなってる~びっくり

44d71803.jpg

おすまし(ボ~っとしてる)

5f95eac1.jpg

猫ではないけれどラピスに間違えそうな、春(初夏)のシーサー。
冬は雪におおわれ、今はグレコマにおおわれて。
グレコマ(和名『斑入りカキオドシ』)は、北の陰のグランドカバーにあうか最初ポット苗ひとつ試しに植えただけが、今や南にも進出、伸びまくりです(^^;

クセ

ミケ、何してるの?
ff8bc457.jpg

チョンチョン、ちょうどいい湯加減だわ




冬の朝は、氷がはっていないか確かめてから飲んでいたんにゃ。
家のなかのお水にも、たまにやってしまうにゃん。

5月5日から6日千葉旅ちょっとだけ不思議な、、

 GWに 混む所には行きたくないし「旅行」よりは軽い感じで、どこか気軽に気晴らしに1泊くらいなら、、とみけくろ近場の千葉方面に行くことに。

5日、午前中は用事で昼に出発になってしまったが渋滞どころか首都高でもスピードを出して走れる、前に一台も走ってない時があるなど初めての状況だった。
爽やかな眩しいくらいの好天。どこに行こう、今まで行った事のなかった鋸山に行ってみる事にした。今はすっかり遠足や行楽の地というイメージだ。
とは言え、鋸山は高僧行基によって開かれた関東最古の勅願所である日本寺であり、かつては修験の古道場だった場。近年、日本一の大仏石像や百尺観音なども建立されている。→鋸山こんなところ
本当に全部を歩いたら2日必要だそうだ。うわさに聞く参道の階段登りに数日、筋肉痛になった。
 いい場だなーと感じたのが百尺観音のまわりの空間。
dfaa7105.jpg
 ec3c80d0.jpg

観音へ行くまでの緑の濃い道のあたりもとてもいい感じだ。すれちがった年配の女性が「癒される、癒される、、」とつぶやきながら歩いて行った。わかる!(^^)
百尺観音は、戦没者供養と交通犠牲者供養のため安置され交通安全の守り本尊とされている。
みけは兵庫県尼崎市のJRの脱線事故の事を思い手をあわせた。

ebc03de0.jpg

これは大仏そばのトイレの前に安置された烏枢渋摩明王像。強力な浄化の力をもつので、いつのまにかトイレの神さまになった。下に説明書きと浄財入れ。トイレをきれいに使ってこの明王様に祈るといいことがあると言われている。ええ、しっかりお賽銭を入れて個室内で(笑)みょうおう様に祈ってきた。 家でも使用後に毎回くろみけとも「うすしまみょうおうさま、ありがとうございます。」「オンクロダノウ ウンジャクソワカ(真言×3回)」を言うのが習慣。トイレ掃除の後にもね。だから心をこめて。みょーおーサマいつもありがとう(^^)!感謝して悪いことはありません。
139af645.jpg

大仏広場横の寺務所で見つけた、そこで最後の一つ置かれていた梅干し。
1000円なり
寺でとれた梅を、寺の人が昔ながらの手づくりで漬けた7.8年物。ラベルもない簡易な容器に詰めただけ、まさに家のを分けてもらったという感じ。実はしっかり干されてしなびていて、それほど美しい肌のものばかりではない。大きさも大小。
味も、今では市販品にはないような塩!っぱさで紫蘇の味がキッチリしている。祖母が庭の梅で漬けてくれた物を思いだす。これよ、これなんだ!梅干しっていうものはサ~!!と最近の甘美きわまりない高級梅干しに梅干し好きを返上気味だったみけ、これを土産に興奮、大満足。(笑)

宿泊は例のごとくキャンセル狙いでとれたブルーベリーヒル勝浦。(こんな所
ここにあるフランス「テルムラマン」のタラソテラピーは雑誌などでもたびたび紹介されているが、前に2泊連泊した時に体験してみたけど4時間程度は必要で、たま~に一度くらいやっても、、と思ったので今回は一泊でもありパス。
 無駄?と言いたいほどの広さの庭では、子供の日のためか幼い子や犬連れが伸び伸び遊んで気持ちいい。みけくろも、アスレチックでめちゃくちゃおしゃまな幼女にからまれたりして楽しんだ。夜は星も良く見え、部屋には星座早見盤が備品で置いてある。(^^)

翌6日は、曇り後夕方から雨という予報で昨日とうってかわって寒い。
ちょっと行ってみたかった養老渓谷はやめて、少し朝のんびりして帰る事に。
途中、九十九里浜の月の砂漠に少しだけ立ち寄る。月の砂漠にちなんだ像が突拍子なく感じられるけれど、ここは砂浜が広くて気持ちいい。以前も体の浄化にきた事がある。のーんびりした気持ちになれる。アザラシのかもちゃんのお友達のサーファーも波間に浮いていた。
264dac17.jpg

今日は犬の散歩が多いです。海辺でたわむれる足あと。

さあ、雨になる前にミケの元に帰らなくちゃ。
帰路を急ぐ途中、前に初詣に来た事のある 上総国一宮・玉前神社にさしかかる。
道路から奥の参道と鳥居が見えたので、走る車のなかからそちらへ手をあわせた。その途端、両肩がグガっと重くなって体が脱力。「来た~!」(やば、何か拾った~?^^;;)
目を閉じて神社のほうに気持ちをあわせ心のなかで『今回は寄れませんけどごめんなさい、玉依姫サマ、千葉の旅ありがとうございます~!ウンヌンかんぬん~、、』光を体に。
あくびが何度も出る、、シートにもたれて目を閉じている。炎のように上が伸びた光背のような魂のような形がまず見えてきて、、そこに重なって、髪をきりっと後ろでまとめ結い上げた女性。ほっそりとしてしなやかでキリっとした感じ。額に金の飾りのような冠。肩からななめに重ねた衣。、、そんな姿のイメージが浮かぶ。
日本系の女神かなあ、姫大神かな? なんだろう?意味があるのだろうか?
次第にあくびも消えて落ち着いた気がしたので目をあけると、おお!前を走る車のナンバープレートは7777、そしてカーステレオからアメージンググレイスが流れた。あはは、、。まあ、悪い事ではなさそうだね。。
後は何事もなくかすかに小雨が降りはじめる頃、無事、ミケの元に帰りついた。
 旅行後、みけくろともちょっとだけおなかを下したり、浄化があったのかもしれない。
旅と言うより気軽な遠出だったのに、箱根から帰った時よりは疲れたなぁ、、。
何のことはない、6日の寒さが応えたのと鋸山の階段昇降とフィールドアスレチックの筋肉痛のせいかも。。(^^;
その後しばらく77並びにはしょっちゅう出会った。
ラッキー7と受け取るより、虹を思い出せなのかなぁ、、と思ってみたりね。わからないのだけど。みけにとって虹のしるしは意味深い。叱咤激励でもあるのだから、、

気持ちの一致

数日前からT-FALの電気ケトルが気になってきてた。
ほとんど一日、一人たまに二人でいる我が家には便利かな?
そして笛吹きケトルの音も聞こえにくくなってきた一人暮らしの母にもピッタリかもしれない、、そう思って
ウエブ上で検索して、Amazonなどで使用感や値段など調べたり。
そんななか、母のところへ行くと何やら物が散乱している。
探し物があって、ついでに片付けをしていたという。

 んン?階段に転がってお尻の見えてるアレは。。5f68a0e0.jpg

ティファール!?
 「ああ、あれ、いらないから持ってって。」
母が持っているなんて知らなかった。
通販で買ってみたけれどほとんど使わないまま、仕舞い込んでしまっていたらしい。
たまたま出てきただけで、片付け終わった頃ならまた仕舞われていただろう。
もし1週間前なら、わたしがケトルのお尻を見ても気がつかなかっただろう。
そういう訳で、手に入ってしまった。嬉しさより驚く。
行く前にウエブで見ていたところだったので、
そんなにわたしは無心に熱心にAmazonの画面を眺めていたのかしら??(笑)
こんな風に、何でも希望が素早く実現したらいいのにねえ。。

 かなっても問題ないような事だし、親子だからテレパシーが効きやすいのかも?
母と長兄はそういうのが濃い気がしている。長兄の昼に食べた物を母がしばしば夕飯に作るとか(笑)。
大人になってからは母が何か弱っていると連絡をしなくても必ず長兄が訪ねて来るとか。

最近は、わたしも胸のランプが点滅するような感じがするように、わかる気がしている。
 でもまあ、何かに夢中になってるとウッカリしたり、まあいいかと無視したりね。わざと気をあわしていなかったりしていそうだ。(^^;
意識的に無意識的に気をあわせたりあわせなかったり、人間と人間、そういう事もあるよね、、。空(天でも神でも、守護霊でも天使でも何かでも)にたいしても、そういう時ってあるかもしれないよ。
・・・猫も。ミケはラピにわざとかもね(笑)

母の日は子供の日だった

GWも母の日もすぎてしまいましたね。
---千葉のことは、なるべくさらっと努めて、後からあげたいと思います。
GW最終日の日曜、みなさんの母の日はどうでしたか~。
わたしはこの日、3番目の兄夫婦が泊まりがけの用事があるため、その子供達の夕食を頼まれたので母の日と言うより気持ちは子供の日になりました。
 子供は、高校生の甥と中学生の姪。
わたしは小さい子供と遊ぶのは得意で大好きな事、この子たちとも小学校低学年くらいまでは遊んだ事があったけど、最近はゆっくり会った事がありませんでした。
これくらいの子が何をどれくらい食べるか、で今、何に興味があるか話題の想像がつかないし、、大人になりかけの苦手な年代かな。ちょっと、焦ってしまう。。
自分の方に叔母さん(大人)ラシクふるまわねばイケナイのかな?というのがどこかあってキンチョーの元なのかもね。

 兄から「好き嫌いが多くて食べられる物が難しいからカレーなら大丈夫だよ」と聞いたので、そのまま安直にカレーに決め(笑)それとマカロニサラダなどマヨネーズ系なら大抵好きかなと。
午前中買い物して午後は早めから夕食の支度。
 いつも自分達用に作るカレーより少し甘めに、そしてかなり力を入れて作りました。飴色タマネギなんてやったの、何年ぶり?(いつも手抜きですまん^^;)
子供たちにはわからないだろうけど、、いいの叔母サン、自己満足だから。
 と、かなり無口でたまに一言ズバっとリアルな言葉を吐く妹のほうが、数口じっくり味わうように食べてから重々しい口調で「おいしいデス、、」と言ってくれたから、叔母サンはもう良かった~音符悲しい

ab36e780.jpg
そんなわけで、母の方には朝方、恒例のカーネーションとちょっとした物をプレゼントしたきり相手をしないでいたのですが、長兄と妻サンが来てくれ買い物などにも連れていってもらえたとか。
翌日、実家に行くと母は4人の子供+兄妻さんからもお花など頂いて飾ってあり、「みんな子供は大変だね~(笑)」と言ってましたよ。笑い

☆写真は、カーネーションみたいに(こじつけて)花びらいっぱいのラナンキュラス。
左下のほうにアネモネがちょこっと見える? 似てると思ってわざと隣あわせに植えてみたのだけど、背丈が違いすぎちゃったね。(^^;
 ラナンキュラスは3シーズン程前、なんと100円ショップで買った球根。今年は日当たりの良い方に植え替えたためか、大きく伸びてたくさん花を咲かせてます。花

留守してました

5日6日に千葉のほうに遊びに行ってました。
コメントありがとうございました!
 お返事また後で書かせていただきますm(_ _)m

ビワの枝 風通し良く

e89f790d.jpg
 枇杷の枝は、そのままにしておくと隙間ないほどに密生してきます。
お隣の家のほうにもどんどん伸び出していくので、あの大きな葉を落としては迷惑をかけてしまいます。

この時期には小さな実もたくさんついているけど、少し枝を減らしたほうが残った実も大きくなるでしょう。

 らぴす君、椅子に座って監督。

そこ、そこも切ったほうがいいニャ。

ああ~、そっちじゃないってばニャ~!
60543071.jpg

ふむ、これくらい、切ればいいか。
 
b1c7f99a.jpg

スズメが食べるぶんは残しておいてやれヨにゃ。

頼むから人間にも食べさせてくれよにゃ。byみけ



ラピス:ところで、枇杷の木も整理したんで良い風が吹いてくるようにニャったけど、みけんちの家のなかも溢れてきた物や衣類を整理してたにゃ~。(ついでにHPの自宅サーバーも移転、整理進行中)
 その晩だったか「オーラの泉」で、浄化のため片付けると良いという話題でにゃ、そのなかで神社やお寺のお札やお守り類の話しが出たのにゃ。
 江原サンと美輪さんは、お守りはエネルギーの蓄電池、一年の期限を目安に良い念は抜け抜けた後は悪い念が入りこまないように(入りやすいから)、お返ししてお焚き上げしてもらったほうがいいということ言ってたにゃ。
 みけんちでも片付けで神社のお守りがいくつか出てきたので、早速、鎮守の神社の古札納め所に持って行ったようにゃ。
納めてから本殿に参拝してたら、神主さんが手招きして自動車なんかにはるお守りのシールを2枚くれたんニャって。
早くも、かたづけして良いことがあったにゃん~!祝みけは、シールも嬉しかったけど、神主さんが覚えていてくれたのも嬉しかったらしいニャン。
古いものを片付けると、新しいものが入ってくるのにゃね花
 みけっち、これを励みに自分の小物や机のまわりも片付けたほうが良いにゃぞ。猫

ドアをノックしても

このところ、夜を中心にほとんど見られない状況になっていたと思います。
ドリコムブログで、サーバに発生したハードウェア障害だったそうですが
アクセスして下さる方々には、申し訳ない事です。m(_ _)m

わたしも、めったにここに入れなくて
更新はもとより、頂いたコメントを読むことさえままならなかったりします。
 今日も昨夜から障害で朝に復旧し、午前中はしばらく見られたけれど
午後1時すぎ、また不安定になってます。(嘆息)37ad1ab6.jpg


こんなにしょっちゅう、夜になると消えちゃうなら、一緒にはいられないよ
昼間までいなくなるの?
こんななら浮気しちゃうか別れるしかないかないちご

春爛漫 猫

2be5463b.jpg

 偵察
95956679.jpg


7a90126b.jpg

 よいしょ よいしょ 巡回中
 三毛も気持ち良さそう
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今年は過ぎゆく。来年、どうぞ良いお年を!
  • 90歳おめでとう
  • 2015年 未年
  • 2015年 未年
  • 新作「INDIGO」
  • 新作「INDIGO」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ