「星読み」 石井ゆかり著
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/bookfaq.html

10月末発売されたばかり。西洋占星術のあれこれの本で
石井ゆかりさんが2004年末に行った「月と太陽のモニター企画」から生まれたもの。

実は、このモニターのなかにわたしも居たのであった。(^^)

「月と太陽のモニター企画」というのは
満月・新月に焦点を当て、月のフェーズで各星座の生活リズムがどんな風に変わるのか
あるいは、変わらないのか、を試してみよう!という企画で
ゆかりさんご自身が『「厳密な統計」でも「投稿記事」でもない、調査計画、どうぞ半信半疑でお楽しみ下さいねっ。』といったもの。

その時点では、ゆかりさんの興味、研究に協力して一緒に楽しんでみられればという気持ちで、ゆかりさんも本になるとは、考えておられなかった事でしょう。
本になって、モニターの一人としてもとても嬉しく、ぜひ応援させてください!という気持ち。(^^)
ちなみに、モニターのお礼の粗品だと言う事で、解釈つきのホロスコープを書いて頂けたが
(ゆかりさん手書き!。自慢です。粗品なんてトンデモない。)
あらら、とてもわたしらしくて当たってる感じがしましタ。

ということは、この本のなかにはわたしのモニター記録も読み込まれているわけ!?
でも、モニターの文そのものが出ている事はないそうで。(ああ、良かった)
・・・そうで、と言うのはまだ読んでいないので。(^^;;

モニターやった人は、希望すればタダで送って頂けたのだけど
石井ゆかりさんへの応援に、お金出して買いたかったから
わざと申し込まなかった。(ならば早く買えよ。→注文しました。)

かの 鏡リュウジ氏も、誰に頼まれたわけでもないのに
ご自分のブログで絶賛、紹介されて
石井さんの掲示板にご自分から挨拶に来られていた。
http://kagami.nifty.com/kagamilog/


石井ゆかりさんは、西洋占星術を独学で学んで
プロではなく(石井さん流のこだわりがそのへんあるのだけど)
しかし、サイトに公開される週報などの占いの切り口
語り口が、本当に面白くて、人気サイトに。

わたしも、西洋占星術自体にはあまり興味がなかったのだけど
石井ゆかりさんのサイトは、当たる当たらないではなくて
その文章にひかれて毎週、楽しみに読ませて頂いている。

石井さんが、今の日本、世の中を生きて
コツコツ書いてる文がいいの。一緒に、生きてる感じ。
そういうファンが多いと思う。

有名なので、ご存知のかたはすでに多いとは思いますが
まだ行ってみた事のないかたは
石井ゆかりさんのHP「筋トレ」のぞいて見てください。
ほんとに文字だけのシンプルさです。(^^)
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari