2007年01月

メッセージボード

かけがえのなさ

おおもとは一つであるけれど
かけがえのなさとは、と
そんな事を、このところ考えていました。

3次元のこの世に生まれたもの
この姿、この場所、この時代は
2度となくて同じものはないのです。

この風を感じて、この空気を吸って
この目に見えているもの、この耳に聴こえていること
この手に触れているもの、感じていること
2度と同じことはないのです。

今がどんな一瞬であろうと、
この時は2度となくて

わたしも、あなたも、そこにいる隣のひとも20db8be3.jpg

そして猫も、犬も、鳥も、蝶も
今、そんな時を過ごしているんだ

今がかけがえがなくて、
誰もがかけがえがない時を生きているの、だと。


そして、おおもとに帰るとき

このかけがえのない心を
持ってかえるのだろう

夢のダブルレインボー

99602a42.jpg


昨日の朝。
何だかとても気分がいいなぁ。。と、目覚めてから
はっと夢を思い出しました。

海の上にかかるダブルレインボーだったな、、

旅をして友人の家を訪ねた。
ヨーロッパの豪華な邸宅のようなつくりで
友人の部屋の大きなバルコニーの外には、海が広がっていた。
 空を見ると、虹が出ているのに気がつく。

ほとんど直線の虹  2本だ。
最初は、普通の上下の向きだったかもしれない
弧の下側を描く、二重の虹となった。

あわてて友人に虹を教えてカメラで撮影してもらい、後から自分でもカメラを出して撮った。

***********

虹の夢を見るのは、かなり久ぶりでないかしら。
海と虹、雲の感じも良くて(絵では現しきれません)
気持ちのいい風景でした。

虹は完成の一歩手前とか、今までのところを抜けて次に行く時
などの意味があるようですが。
 友達の部屋で見たという、その友人のことも意味があるのかもしれません。。

縄文の夜神楽-見てきました!

昨日、縄文の夜神楽 写真展を拝見してきました。

展示は、巫女さんも、能面も、風景もありましたが♪
さすがに縄文土器は圧巻の展示内容で、ウエブで見ていたのと
やはりぜんぜん違いました。

2db24d61.jpg
写真家滋澤雅人さんの光によって
浮かびあがった土器の表情に、
はじめて縄文土器を見たように思いました。
そう、きっと始めて、『見た』(見えた)のです。
縄文のひと達のもっていたエネルギー、生き方、神、
その時代に生きていた力が、浮かびあがってきているのです。

『アムノウヅメ、、アメ(天空)のウヅ(渦)のメ(目・芽)』!

たくさんインスパイアされるものがありました。たくさん受けとりました。
イメージは直接、入ってきて言葉でそれを説明しにくいのですが
展示されていた写真に添えられた文から、これは!と
思ったものをメモしてきたものがあります。
上記のアメノウヅメもそうですが
わたしがオオオと感じた喜び、何か感じて頂ければ。メモを書きだします(^^)

*宇宙の真の姿形は渦
*太古の古代の人はこのエネルギーを「イブキ」或るいは「イキホヒ」と呼んだ
*渦の「ノリ」がアメノウヅメ 踊り
*天空への螺旋吊り上げられ運動 縄文土器、土偶はほとんど全てこの運動
*舞い「内なる動的な宇宙を抱く」神事

会場にいらした滋澤先生とお話ししてるなかでも、
縄文時代の人々のエネルギーや、生き方、、、噴火も地震も雷も
お祭りのように喜んでいたのではないかとか
遺跡のある場所が火山のある場所のこと、今も素晴らしい場所であることとか
現代人と縄文人の違いとか、、
かなり精神的に生きていた人たちであることなど
お聞きできて、
面白くて。渦のように心にエネルギーや喜びが湧いてきました。

実は、縄文土器には全くと言っていいほど今まで興味がなかったので
見に行っても面白いかな?なんて
思ってたのですが、行ってみて良かったです。(^^)

もしお近くで開催の機会があったら、ぜひ足をお運びください。


******ここから全く別のはなし
今朝の祈りというか瞑想というか短時間のタイムに
何か姿が見えました。ボンヤリ。
0be15e3d.jpg
 あれ、何だかクチバシがあるみたい、、?
 羽もある感じ、、
 これは、、天使でなくて、
 クチバシがあるのはカルラ神でなかったか?
 あら、笛を持っているようだ。
 でも、笛なんか持ってるひといたかな?
 クチバシがあって笛を吹いてるのは誰だろう?

と思ったけれど、ぼんやりしてるので何か気のせいだろうぐらいに(笑)
特に気に留めませんでした。

その後、仏教関係の本で調べものをしていたら
ちょうど読んでいる先に
迦楼羅(かるら)王の絵が出てきて、見ると笛を持っていたので
笛!と本当に驚いてしまいました。

笛を持っている事までは覚えてなかったけど
記憶の底にあったのかな~? 。。そうかもしれません。

その挿絵の説明には、インド神話の迦楼羅王は、太陽神の神格化とあったので
摩利支天といい、太陽神続きだ、とまた嬉しくなりました。

それにしてもなぜ、かるら、、?

ひもろぎ・・?

067d4221.jpg
覚え書きみたいなものですが、そろそろ絵日記も描かねばとネタに。(笑)
 昨日か一昨日だったか、朝目覚めるかどうかの時に
『ひもろぎ』ということば、文字ひらがなで浮かんで
その後で千手観音座像のような姿。
ひもろぎと千手観音は関係ないかも、、。
その後の朝の祈りの時に、『春日大社』という文字。

『ひもろぎ』って、何だっけ。神道だったよね、くらいの知識。
『春日大社』についても今まで興味を持った事がないし。

このところ、日本神仏関係に興味と人のつながりがむいていたから、どこか記憶から出てきたのかな、と思いながら。 調べてみる。

『ひもろぎ』は、神の依りしろの木、か。ふむふむ。。
『春日大社』は、鹿島香取の武甕槌命と経津主命が祀られている、のね。
 お電球、わたしは香取神社の隣に住んでいて、毎年年明けに香取神宮から頂いたお札が氏子に配られるので、お札とお社方向に毎朝、ご挨拶をしています。
最近、鹿島神宮の武甕槌命が人気みたいで、香取神宮はそうでもないのかなぁなんて
ちょっと寂しく思った(笑)ところだったので、春日大社では一緒だよって事かしら??(^^)

千手観音座像は、メールでやりとりがあった内容に関係するのかな。

年末までが出していったので、このところは、吸収、収集期間のような状態でいます。
ふーん、ふーんキラキラという感じです。

縄文の夜神楽 アメノウヅメ*写真展

奈良在住の神社にくわし~お友達からおすすめ頂いた写真展
ご興味のあるかた、いらっしゃいそうなのでお伝えしますね。

「縄文の夜神楽 アメノウヅメ」展
 滋澤雅人(写真家)さんの写真展。
 縄文時代の闇のなか炎に浮かびあがったような縄文土器の姿があります。
 東京学芸大学芸術館(無料) 1月10日から1月18日
1e4c3dac.jpg


サイトを拝見してきましたが
巫女さんの写真が美しくてすてきでした。
巫女さん姿っていいな~(^^)

滋澤さんのサイト↓
fc967989.jpg


サイト内、写真展案内

東京学芸大のページ

2007 摩利支天(女神 Marici)の画

88dc2510.jpg

上は今年の年賀状。摩利支天の画です。
絵の部分をLa LuceのTOPにも置いたほか、
ギャラリーには大きいサイズの画像を入れました。
お時間あるときにでもどうぞ見てください。(「天使・女神・聖なるもの」のところです)
 *リアル年賀状をお送りしたかた、色がウエブと見るのではちょっと違っちゃいました。。(^^;

賀状に間に合うようにしたので、もう少し時間をかけたかったな、、と思うのだけど(いつもながら、早く描きだせばいいのに)
チャレンジはあった1枚。
自分のなかにチャレンジした成果は残ったので
これからに生かしていこうと思いました。
 新年早々のやる気。絵に気持ちが向かってます。(^^)
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今年は過ぎゆく。来年、どうぞ良いお年を!
  • 90歳おめでとう
  • 2015年 未年
  • 2015年 未年
  • 新作「INDIGO」
  • 新作「INDIGO」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ