2011年01月

メッセージボード

影が見えるとき

B2s

 

少しずつ、少しずつ、日差しが伸びてきたのを感じられるこの頃

 

Bonmichikages


影も、長く伸びていることに気がつきます。

BONミチ影2s
寒さのなかの日だまりに

まだ固い土の上に、小さく出た水仙の芽を見ながら

影とおしゃべりをします。
ボン影s

過ぎつつある冬を、ちょっとだけふりかえって見られる事を楽しみます。



真っ暗闇のときも、
太陽が真上にまぶしく輝くときも
影と話す気にはなれないでしょう

************

寒波で大荒れの日本列島
ここらへんは、ずっと乾燥続きで寒い事は寒いのですが
30年ぶりの豪雪の所など、まだまだ春どころではないですね。

今日は1月最後の日
2月になれば、少しは寒さが緩んでくるという予報。
あと一息!

今夜も冷えてきました
どうぞ、ご自愛ください。

寒いほどあったか猫

最近は、隣からちょくちょくラピスくんが駆け込んできます。

以前より遠慮がなくなって、来るとホットカーペットにスライディング
ドーン!ぱたっ。
Rapineruyoko

ごろん
rapineru
ここは猟師の山小屋か?
(ラピのほうが、あったかそうな敷物になってるよ)

raoiiikaoうっとり


ラピス!おどき!!
ここは、わたしの場所よ!
Oyaneru_s2














張合って、ばーん!
(↑ オヤちゃんです。片目の目力強し。そのうち猫紹介)

大寒の今日。
今朝は、8時に車に乗ったら窓の下方が凍ってました。
外気温はマイナス1度。このあたりで、この時間にしてはかなり寒い。
昼には晴れ渡って、光だけだと桜の季節がすぐのような錯覚に陥りそうなのですが。
大雪のところではそんな暢気すぎでしょう、ほんとに大寒。


寝坊の朝

朝寝した。

yukioya
起きたら、こんな。
yukiniwa

何これ、冷たい

何よ?
ほら足跡が

yukiashiato

yukiniwaasiato

ずっと続いている

yukioya_2
わたしのじゃないよ。

 

お雑煮が2パターン

今日は別の記事を書くつもりだったのですが、サーバーのエラーメッセージが出てしまってずっと画像のアップロードが出来ないー!(T_T)

仕方ないので、お正月気分も過ぎる今頃になったけど、お雑煮のことでも書きましょう。

もうお餅は食べきれましたか?お雑煮はどんなのですか?

我が家では、2種類のお雑煮を作ります。いっぺんにではありません。
元旦にはくろ実家風、2日にみけ実家風のを作り、その後は気分で作ったり作らなかったり。

みけとくろ、生まれ育った土地が離れているので、食べてきたお雑煮も全く違っていました。

みけ風は関東のわりとオーソドックスなものと思うのですが、醤油仕立てのおすましに焼いた角餅、具は鶏肉・小松菜・大根・にんじん・里芋・なると。三つ葉添え。

くろ風は、味噌仕立て(みそ汁風?)に下ゆでした丸もち、具はさいの目のお豆腐となめこ、なると。

くろは料理をしないしお雑煮にも興味がなかったようであまり詳細に覚えていなかったので、みけがくろ実家で一度頂いた時のものをこんな感じだったなと再現してますが、問題ないみたい。

結婚した最初のお正月に、まだくろ風は知らなかったし関東風を出したのですが、くろに「ご飯は?」と聞かれて「えええ〜?なぜ!?」と。
みけにとってお雑煮の時は、子供の頃からご飯は付いていないものだったんですよね。
おかわりしてお餅をいくつも食べる、そういうもんだと思っていました。
もう晴天の霹靂!虚をつかれた!!みたいに内心びっくり。

くろんちでは、お雑煮にご飯が当たり前だったようで。

それぞれ人により土地や、家で当然という事が違うのが面白いですねー。
自分だけでは当然になりすぎている事、そんなに驚くことにさえ驚いてしまいます(笑)。

そんな訳で、それぞれ風に毎年2パターン。
でもきっと両方ともみけ風の味になってしまっていることでしょう。(笑)

家族二人でお餅を2種類、お雑煮以外にはほとんど食べずに、毎年残ってしまうのだけは困りものです。
去年も、そのうち食べようと冷蔵庫に仕舞っておいた(忘れ去ったとも言う)お餅、年末が近づく頃になって、とうとう賞味期限が少し(少しよ〜)過ぎてしまったのに気がつき(゚O゚; !
もったいないので(だったらもっと早く食べなさい)、試しにピザ餅にしてみたら美味しくて無事なくなりました。
今年は、早めに食べ終われるといいなぁ。

白ウサギと打ち出の小槌についてなど

☆まず、お知らせ。
昨年の寅年の風虎を保存するページを、つくりました。
Galleryの「女神や聖なるもの」のところです。
どこに分類するか、そこでいいのか悩みます。兎もそう。


*************************************
では、ウサギ年賀状画像の解説を少しばかり。
おヒマがありましたらおつきあいくだい。

2010nenga_Brog

今まであまりウサギを真剣に見たことがなかったのです。
物心つく前に、家にウサギもいたことがあったようなんですが。
賀状用にとウサギの神話などなど調べたりしてたのですが、ウサギ写真を見ているうちにウサギってほんとに可愛い!と感動がムクムク。

じゃあその気持ちに素直に、可愛いウサギを描こうとしたのが今年の画です。
だから、例年ほどウンチク垂れはありません。(笑)

目出たさ、お祝いの気持ちポイントは、この打ち出の小槌ですね。
あ、あとは下の方に+うっすら彩雲ね。

小槌の面には、気づかないほど小さめですが地球が(月も)ついているんですよ。

2010nenga_koduchi皆さんのうえに、世界に、地球の恵み、月の恵み(ツキがあるに通じ)、ひいては宇宙の恵みが無限に降れ〜、フレー。ウサギが振りふり応援しますよーって。

そうだ、ウサギといえば「因幡の白兎」です。
大黒様(
大国主)に助けられ♪
大黒様の持ち物は袋に打ち出の小槌。そんな繋がりがありました。

白いウサギなら赤い目が一般的だし好まれそうなのに、赤い目にしなかったのは、なぜか?
紅白で一層おめでたそうなのに!

単純にこのウサギが赤い目とは、全く思わなかった、という事なのです。最初に浮かんだ印象が赤ではなかったのです。

2010nenga_Face前に、白ウサギも赤い目とは限らないというのを聞いたことがあったからか、赤にしようかとは悩みませんでした。

Wikiなどで見てみたら、今の日本では白ウサギといえばアルビノの赤い目が一般的なイメージですが、アルビノのウサギは国外から入ったもので、昔からいたニホンノウサギはアルビノではないのだとか。

また白のなかに一本でも色のついた毛が混じっていると、白いウサギでも赤い目ではないそうです。
と、またウンチクに走り気味ですね。

赤にしなかったのは、ちょっと普通でない変なウサギなんだよの感も出したかったのかな。
ラフスケッチの顔が気に入っていて、それがちょっと怖さもあったのですよね。そこよりは可愛くしてしまったけれど。
やっぱり、打ち出の小槌を振るくらいの兎なんだから(彩雲付きだし)変でナマイキでないと。

白のなかに一本でも色付きが入ってるとアルビノではないとな

このウサギも、隠れた耳の先やしっぽにはもしかすると色があるのかもしれません。変なウサギだし(?)

ところで、狛犬ならぬ狛兎のいる神社があります。境内にも兎の像など。
調神社。高校生や浪人のころ、お昼を境内で食べたりしていました。「つきじんじゃ」が正式名だそうですが、「つきのみや」神社と皆呼んでいました。つきのみや、、兎がお月様のお宮でお使えしている姿が浮かんできます。(^^)


明けましておめでとうウサギ

クロ2010印刷09L
2011年あけました。おめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって幸せと喜びの一年となりますように



リアル賀状のほうは、今年もグっと遅く届くと思います。
去年の31日午後に出したってわけで、、。毎年反省するんだけど(^^;
できたてホヤホヤです。いきがいいヨっ

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今年は過ぎゆく。来年、どうぞ良いお年を!
  • 90歳おめでとう
  • 2015年 未年
  • 2015年 未年
  • 新作「INDIGO」
  • 新作「INDIGO」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ