夢絵日記

メッセージボード

シロクマの夢

5115a262.jpg


部屋のなかで、大の字に昼寝しているシロクマくん。

横のほうに、仔猫くらいの小さな動物
--仔猫かもしれないがよくわからない--
が、同じカッコで寝ている。

なんでいつもおんなじカッコになるんだろうね~?と笑ってオットと見ている。

寝ているシロクマくんの前足をチョンチョンと、猫にするように押すと
やっぱり猫のように爪を出して手の平を曲げてくる。
やっぱり爪は猫より大きくてするどいので、猫より危ない、手に傷がつくんだよね
ホラねと、笑ってオットにやって見せた。


------
昨日の夢でした。
たわいもないのんきな感じの夢。
シロクマだけど、猫を飼っているのと同じ感じで
大きなシロクマの体は気持ちよさそうで、小さいのがシンクロして可愛らしかった~、、

ニュースを見たら、札幌市円山動物園にシロクマの双子の赤ちゃんなんていうのが出ていました。
今日からゴールデンウィーク。動物園や水族館にという方もいらっしゃるでしょうね笑顔
水中のシロクマが水槽で見られる所、どこでしたか、楽しそう。

クロネコ夫は忙しい時期のようで、昭和の日の今日も出勤だしゴールデンウィーク何日休めるのかな?

みどりこ みどりご

今日は、こちらではこの冬始めての雪でした。
積もるところまではいきませんでしたが。

先日、梅のたくさんある公園に見に行ったら、今年は花が早いねえ、という声がそこかしこから聞こえました。暖冬だねぇ~と。
今冬は降らないで終わるのかと思っていたら、、

まだ寒さも続きそう。皆さんも、寒暖の差が激しい季節なので気をつけてください。

さて、また夢絵日記。今朝見た夢。

******
 どこか、観光旅行中か?
海外の公園のような場所。丘か何か小高い場所にある。
スペインかな、ヨーロッパの雰囲気だ。

白人のオジさんが団体の人々に説明をしていたりする。

斜面の灰色の石の壁にアルコーブのようになった広めの台の上に、赤ちゃん(のような者)が3体ほど。
白っぽい緑色(灰緑というか、ターコイズブルーグリーンの灰白系の色というか)をしている。
b08d8c1d.jpg

この『赤ちゃん』は、本来はガーゴイルの姿(固い)で、龍の子か鬼の子とか聞こえる。
オジさんの説明でわかったのか?

しかし、とても可愛い!
ヨチヨチとこちらに近づいてきた子を抱き上げる。
腕のなかに丸いお尻や背中を抱きとめるとあったかい重さや柔らかさを感じた。

抱いたまま、公園の前に広がる風景を見せてあげたりする。

そこから(赤ちゃんは降ろし)、小さな教会のなかに。
地方の土俗的なものの混じったカトリックな感じだ。
3姉妹がいて、末娘がわたし。
一番上の姉(金髪ウエーブで南欧風小花柄ワンピース)が中央に立ち、皿を持っていて
ロールキャベツの煮崩れたような固まりを分け、その手ずから口に与えられる。何かの儀式だろう。

*******雑感など***

わたしの頭のなかから読んだ本とかいろんなイメージがゴッチャに出てきただけで、よくある感じで、そんな意味はないかなと起きた時は思った。

書き留めるうち、いまオーダーいただいて描きかけている絵が
赤ちゃんに関係していて、色あいが緑や青系がメインであったという事に、つながりはあるのかも?と思う。
早く絵を生み出せと、赤ちゃんが出てきたのかな?(笑)

儀式は土俗的な感じの強いカトリックというので、聖母マリアに関係する連想。
女性性、母性をその絵のためにも、もっと必要としているのか。
と、こじつけかなぁ(笑)。
でも、そう、とりかかっている作品には必要なんですね、とても。

 そういえば、ロールキャベツ、それも煮崩れしそうに柔らかい、というのは、わたしにとってオフクロの味。母がよく作って、子供の頃好きだったメニュ-。これも母性?

ところで、さっき赤ん坊の絵を描いて掲載用に保存した時に、緑色だからMIDORIKOとファイル名つけたんですよ。適当に。

打ちながら、みどりこってみどりご(嬰児)って聖歌とか聖書で聞く言葉ねと思って、すぐに検索してみました。

語源由来辞典から

嬰児は、本来は「緑児」と書くが、現在では「嬰児」が一般的な表記となっている。
古く、「みどりご」は「みどりこ」と末尾が清音であった。
赤ん坊を「みどりご(みどりこ)」と呼ぶのは、大宝令で三歳以下の男児・女児を「緑」と称するといった規定があったことに由来する。
大宝令で「緑」と称するようになったのは、生まれたばかりの子供は、新芽や若葉のように生命力溢れていることから喩えられたものである。


赤ちゃんイコール緑色だったんだ。。へぇ~笑い

そこでまた嬰児で調べると、、
WIKIから抜粋
キリスト教の新約聖書のなかで、イエスキリストが生まれた時にヘロデ大王がベツレヘムで二歳以下の男児を全て殺害させた。

キリスト教では伝統的にこの幼児たちをイエスのために命を落とした最初の殉教者であるとみなしてきた。伝統的教会では彼らを聖人とし、カトリック教会では「幼子殉教者」(おさなごじゅんきょうしゃ)、正教会に属する日本ハリストス正教会では「聖嬰児」(せいえいじ)と呼ぶ。


へぇ~~、、。

、、こうしていつも横道にそれ、迷い道にはまって行くのでありました。。困った

*ガーゴイルWIKI

黄色い花と白い猫

先日みた夢

********
0b38a24d.jpg

庭の植木鉢に植えた植物で、いつも花がつぼみ程度までで枯れてしまうのがある。花以外の部分は生きているのだが。

ウチの環境があわないのだろうかな、と思っていたが
園芸に詳しい達人がいるというので、聞いてみることにする。

その人は見知らぬ人で、坊主頭で痩せた細い男性。わりと若い。
その人の庭に聞きにいっているのか自分の庭かわからないが、
緑の濃い植物たちのなかに木の平たい台があって、大きな大きな黄色い花が横たわっている。
そのわきで、坊主頭の人に(枯れるのは)どんな花?と聞かれ、アオイみたいな、、オクラの花みたいな感じの・・・と言っている。

横たわっているその黄色い花のほうが、ずっとアオイかオクラみたいな感じだ。
その花の方に気持ちがいっている。
花のなかに透けて、赤っぽい丸い実のようなものが見えていて、気になってちょっと押してみる。
花のむこう側へ、白い猫がトコトコやってきた。
リリー。
(数年前に亡くなったリリーという猫だ。)
リリ-は、花のうえを横切るように渡った。
d53ac5d4.jpg


****雑感*****

逝ってしまったリリーがいる庭なのだから、あの世の世界でしょうか?
夢なんだから、異世界だけれど(笑)

痩せた坊主頭の男性は、亡くなった父の事も連想されます。
若い頃の写真は坊主頭で痩せていて、以前見た夢でもその年代くらいの姿であったので。
そして園芸が好きで庭によくいた人なので。

それからもう一人連想するのは、今読みかけの本『煩悩リセット稽古帖』の著者、小池龍之介氏。
青年僧侶(まさに坊主頭)で若くて痩せている姿。

夢は心。心のなかに育まれた植物、煩悩を解決するお坊さんはピッタリかも。

この『煩悩リセット稽古帖』、読みかけですが凄く面白い。四コマ漫画つきで、わかりやすい口調で、ほんとにとってもわかってくる、気がする。
煩悩、三毒、無我、とか瞑想とか、集中とか、雑念とか、、
仏道って、宗教がどうとかいうより精神トレーニングなんですね!って、納得です。

と、ちょっとばかり話しが夢から脇道へ。

誰であろうと、わたしのアニムス。何か問題を解決するヒントをくれているのなら、それは庭にある花かな?

黄色い花、大きな花は何でしょう。何のBody?

そうオクラは、昨夏に種をまいて育てたらきれいな花が見られて、実は美味しかった。
撒く時期が遅くて少しだけだったので、今年はもっとたくさんつくろう(^^)
おっとまた、連想が雑談になった。

黄色い花が気になるのは、それがわたしは欲しいのか?

奇妙な夢

週末に見た夢のひとつ

3eda756c.jpg


ジュエリーなどのお店がいろいろ出ている巨大なドームのような建物から空を見あげると、四角っぽい物体が点々と散りばめられたように無数に見える。(止まっている)

あれは何だろう?

道をへだてた向かいにすぐ我が家があり、帰って兄に言うと兄は双眼鏡を出してきて空を見上げた。
見えないと。

ちょうどその時、ぐるりと地平線を巡るように花火が打ち上がっていて空が白っぽくなった。
それで見えないのかと、花火の間をすかしてみると、地平の方向に物体たちが、すーっすっと飛び去っていくのが見えた。

UFO、、、?

建物に戻ってみると、人がいない。
店などそのままに消えてしまったような感じ。

各階を上下する階段で歩いてみたが、後から入ってきたらしい人がパラパラっといるだけでガランとしている。

あの飛行物体と関係があるのだろうか?


どうやら、街々からあちらこちら人が消えているようだ。


-----------------------
四角形は、チョコレートのタブレットの形か、はたまたその日作った猫の出欠確認用のマグネットのかたち、、
キーボードをバラしたみたいな感じ。

キーボードが浮かび、人が消えていく?(笑)


どうして消えてしまったのでしょう? どこへ消えたのでしょう?

恐怖感や孤独感はない雰囲気だったけれど。


意味は置いて、空の光景は淡々と奇妙で美しく、描きとめておきたくなりました。




ひさしぶり 夢うつつの兆しなど

またご無沙汰してしまいました。
よく書いていた頃は、何か見つけてでも書くものと思っていたのに
書かないでいると、次第にそれなり気持ちがすんでしまうものですね。

近況をかねて、、
10月なかば頃から、ある事を始めたい気持ちが強くなって
10月末には、お試し的な事をはじめてみました。

やるぞと思ってから、ゾロ目やゾロ目の組み合わせを見るのが
日に2度3度ではきかず
これは連日、今日までも続いているし
ひさしぶりに、彩雲も見たな~。。
というので、これらは、やるべしという応援と思ってるんです。

それから、夢が面白い感じのがありました。

印象的な夢の一つは、亡くなった父の顔。(起きる直前に、浮かんだ)
父の夢自体、ひさしぶりです。
夢の父は、
わたしが生まれるよりずっと前の独身時代の若い日の顔で
探検隊の帽子をかぶっていて、てっぺんに3本の短い棒のような
突起がついているのです。
それだけ。 表情は? 普通だったかな。

若く痩せこけた顔は、
終戦で南方戦線から帰ってきてまだ間もなく、栄養失調の名残り。
母と職場で知り合い、結婚前に職場の皆さんと一緒に遊びに行った時の写真を
見せてもらった事があるけれど、その頃の顔です。

何であの時代の顔を?特に最近、その写真を見た事はないし。

父がもしあの世であの姿を自から選んでいるという事なら?(笑)
ともかく平和になった国で結婚を前にして
幸せと希望に満ちあふれたとってもいい頃だったという事かしら?(^^)

意味ありげな帽子の上の3本の突起は意味あるのか?謎すぎです。(笑)

もう一つ印象的で忘れられない、やっぱり一瞬夢のなかでぱっと浮かんだ顔。

白い、宇宙人(?)。
白いのは発光っぽくほわっと見えます。
そして青い目。
細長くスラっとしていて、とても優しい感じがしました。

数日後にヒーリング系ミュージックを聴きながら目を閉じていたとき
斜めになった壁面(?)から、またそういう感じのヒトが
こちらを見ているような。それを遠く上の方から見てました,そんな映像。
 このヒトも優美で女性的な雰囲気。遠くだけど微笑んでいるように思えました。
それから宇宙人が急に気になりだしたりして(笑)

4a7f903a.jpg
そう、アビス(古い映画)に出てくる未知なる存在みたいだ! と思ったんだけど、、あれ?思い浮かべようとしても、美しかったという気持ちだけ、どんな姿かは浮かんでこないわ。あれぇ(^^;;

でまあ、その宇宙人(?)のイメージが今日の絵日記。なかなかイメージしたとおりには描けないもんです(汗)こんな雰囲気という程度で。
宇宙人顔で微笑むように描こうとしたら加減により怖くなるし。。


ーん、こうして見るとウルトラマンにも少し似てる(共通点がある)?
いわゆる「宇宙人」という象徴的な表現のカタチなのかもしれませんね。

SF好きだしウルトラマンも好きだけど、宇宙人はまだまだリアルではなじみがなくて怖いような気がしてしまいます。(リアルって)

白くて青い目の宇宙人なんていますか? そういえば、そんな猫を飼っていた事が、、。猫型宇宙人なら歓迎にゃわ~猫

夢のダブルレインボー

99602a42.jpg


昨日の朝。
何だかとても気分がいいなぁ。。と、目覚めてから
はっと夢を思い出しました。

海の上にかかるダブルレインボーだったな、、

旅をして友人の家を訪ねた。
ヨーロッパの豪華な邸宅のようなつくりで
友人の部屋の大きなバルコニーの外には、海が広がっていた。
 空を見ると、虹が出ているのに気がつく。

ほとんど直線の虹  2本だ。
最初は、普通の上下の向きだったかもしれない
弧の下側を描く、二重の虹となった。

あわてて友人に虹を教えてカメラで撮影してもらい、後から自分でもカメラを出して撮った。

***********

虹の夢を見るのは、かなり久ぶりでないかしら。
海と虹、雲の感じも良くて(絵では現しきれません)
気持ちのいい風景でした。

虹は完成の一歩手前とか、今までのところを抜けて次に行く時
などの意味があるようですが。
 友達の部屋で見たという、その友人のことも意味があるのかもしれません。。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 今年は過ぎゆく。来年、どうぞ良いお年を!
  • 90歳おめでとう
  • 2015年 未年
  • 2015年 未年
  • 新作「INDIGO」
  • 新作「INDIGO」
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ