美大受験のために通っていた美術研究所のギャラリーで、
同時期に在籍していた講師と生徒の同窓会展が
10月6日から13日まで開かれて
わたしも出品しました。
saikosyahagaki

はい、すっかり過去形ですみませーん(ーー;

研究所、画材店、ギャラリーの彩光舎オーナーである
オバさんとオジさんが、企画から出展者を募り
準備開催まで全部やってくださり
すばらしいことに全て無料という。
オバさんとオジさんの愛あふれる同窓会なのでした。

そのためもあり、ほとんどのメンバーの
近況すら知らないでいて
開催当日まで開けてビックリ箱状況。

10月5日、
展示準備とオープニングパーティー。
台風の影響の雨のなか
皆に会えるこの日だけは行きたかったので
兄に仕事を休んでもらい、母のこを頼んで参加しました。

出品していない方々も来てくださったり
さすがに30年数年ぶりで年齢は現れても
雰囲気変わらず体型も変わらない(痩せた人の方が多い!?)
人が多くて一目ですぐにわかりました。
わたしも全然変わらないねって言われました〜(いいんだか、笑)

出品者はこの年まで、美大芸大卒業後も
ずっと美術の道に生き、制作し続けてきた人たち
実力、本気十分。飾らず渋い「芸術家」の雰囲気
どっちかというと、そのなかでは浮く?カタカナ業界で
しかも最近ひきこもり気味だったわたしには懐かしいにおいで
先生もいらっしゃるので会う前からドキドキ(痩せました)
良い刺激でした。

何より、参加以前にこれにあわせ
何とか新作をとカラーヒーリングの最後の一枚、
INDIGOを完成させられました。
2000年REDから14年!!

チャクラカラー7点+1点(流れのなかでをRainbowとして)
無事、展示。
間に合って良かったワァ。

saikosyaOba2
中央がオバさん(オバちゃん、など。電話で呼び出しもこれでOK)。楽しげに。
オバさん手作りの料理もあり、愛情あふれるオープニングパーティー。

現役、一浪とここでお世話になりましたが
毎日昼間はデッサンと家で課題のデザイン、そして厳しい講評
正月三日しか休みはないぞと言いながら
なぜか山にも海にも合宿?したし、ソフトボール大会とか
先生に連れられて画廊見学の帰りにビヤホールデビューとか
(未成年(ーー; しかしユルい時代で)
キツイ毎日も楽しいあったかい場所でした。
今あるのもここのお陰。
オジさんオバさん、先生がたに感謝です。

彩光舎は、わたしたちの頃より大きな研究所になっていましたが
オバさんオジさんがオーナーなら、変わらず
暖かく受験生を育てられていらっしゃることでしょう。

写真の後ろに見える正方形の額が、わたしのカラーヒーリングです。

ちらっと見えるINDIGO。

新作についてなど後で別記事とホームページのギャラリーで公開します。